上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.30 便り
先日、職場の近くの文房具屋へ便せんと封筒を買いに行った時の事でした。
小学校の裏門の隣にあるその文房具屋は、昔ながらの佇まいで、
自宅の土間が売り場、店の奥は茶の間。
引き戸をカラカラと開けて中へ入ると、「ピンポーン」と音が鳴り、
薄暗い売り場には事務用品や文具がキレイに整理されて並んでいます。
品物を物色していると、店の奥から’いかにも’って感じのおじいさんが
「よっこらしょ」と言いながら出て来て・・・。なんて、雰囲気ある商店!!!

目的の便せんと封筒を探していると、どこにも見当たりません。
「おかしいなぁ」と思いながら、ありそうな場所を見てみるけど、レポート用紙や
ただの白い事務用便せんしかない。
「品切れしているのかな?」と思いつつ、お店のおじいさんに、
「便せんはどこですか?」と聞くと、
「あぁ、もう置いとらんのですよ。最近は手紙を書く人がいなくなりました
 からねぇ・・・」

その言葉を聞いて、私はショックを覚えてしまいました。
国民一人に一台は携帯電話を持っていて、一家に一台はパソコンがある時代。
何か用事があると、携帯のメールやパソコンで簡単に意思疎通を計れる時代。
確かに便利なので、普段から私の携帯もパソコンも大活躍しております。

でも・・・。

私は、「手紙」って結構好きです。
郵便ポストに届いた自分宛の封筒を見つけた瞬間。
封筒にはさみを入れる瞬間。
空いた封筒を開けて中身を覗き込む瞬間。
封筒の中に閉じ込めてある空気が、遠く離れた土地のものだと想像する瞬間。
久しぶりに友人の文字に触れた瞬間。

一つ一つが私の心を弾ませてくれます。

出す時もそう。
季節に合わせて便せんを選んだり、
ポストの郵便物の中に、私からの封筒を見つけてどんな顔をするんだろう?
と想像したり。切手は、記念切手!!と、面白い切手を見つけては買っておいたり。

思いがけない文房具屋さんのおじいさんの言葉に、何だか寂しい気持ちになりました。
そして、無性に誰かに手紙を送りたくなりました。
でも、その手紙の返事が、携帯メールだったりするんですよね(笑)

・・・寂しいなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nfield.blog14.fc2.com/tb.php/64-f4b77cf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。