上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.20 レッスン
今日は、仕事の後中学生のレッスンの為糸島へ。
思ったより仕事が長引いて、30分以上遅刻をしてしまいました・・・。
すみませんf(^ー^;)

今日のレッスンは、簡単にソノリテ(音色を磨く練習・ロングトーン)をした後、
明々後日行われる吹奏楽コンクールの課題曲。
ソノリテでは、少し音が荒れ気味のような気がして、息の量やスピードの調節
をしました。(3年生)
フルート全体を使って、いっぱいいっぱい響かせる一歩手前で音を出す
感じ。吹奏楽など、大きな音の中でフルートを吹いていると、自分の音が
よく聴こえず、自分自身も大きな音で吹こうとするので、息のスピードが
上がりすぎて、音が荒れてしまうのです。
しかも、普段から楽器全体を振動させて、ff(フォルテシシモ)で!!と、
私が言っているので、それはなおさら。
たくさん息を吹き込んで、楽器を鳴らせるようになったら、ffの一歩手前、
一番音が美しい状態でコントロール出来れば、一番いいのですが。
2年生は、最近もっぱらビブラートの練習。ブレスコントロールが上手くいかないのと、
体の力が抜けきれないので、なかなか上手くいきません。
上手に上半身の力が抜けるようになると、彼女は飛躍的に上手くなりそうな気がします。

課題曲は、よく練習しているのですが、ダイナミクス(p<ff)の幅がまったく無くて、
一本調子に聴こえるのが一番気になる所。とくに、落とす所で落としきれていない。
後半に出てくるピッコロのソロは、フレーズの取り方が小刻みで、メロディが流れ
てなかったので、大きなフレーズを意識して吹くことに注意して。
変な所でアクセントを付けない、音を後押ししないなどの細かい所。等々・・・。

自由曲は、時間がなくてあまり見れなかったのですが、歌う所のビブラートの自然な
掛け方。こればかりは、感覚の問題なので教えるのが難しいのですが、ビブラートが
ちょっと違った感じだったので・・・。
フルートって、ビブラートの掛け方で、歌い方も大きく左右されるので結構難しい。
しかも、短い音で掛けるとなると余計ね・・・。
それから、緊張感のある演奏への切り替え。(場面の転換)
息のスピード感の問題。(利用)

・・・こうやって、一つずつあげると、ホント難しい事やってるなぁ・・・と
感心してしまいます。
それから、細かい所までいっぱい書いているけど、これは私自身の頭の整理。
中学生に注意しながら、心の中では「私もね」「私もね」と呟いています。

レッスンの後、保護者の方から手作りのブルーベリーヨーグルトケーキや、
エクレア、あんみつ、ドーナッツなど、心のこもった差し入れを頂き、大変
恐縮してしまいました・・・。とっっっても嬉しい(>_<)
レッスンに着いた時、いつもお腹をすかせている私におにぎりやサンドイッチ
を差し入れて下さっているのも、本当に感謝しています。
いつも、有り難く頂いています。ありがとうございます~~~!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nfield.blog14.fc2.com/tb.php/32-7ce5891c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。