上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、仕事のあと、九州交響楽団の定期演奏会「フランス音楽のときめき」
に行ってきました。
九響コンサートマスター扇谷泰朋さんのソリストデビュー。
ラロのヴァイオリン協奏曲「スペイン交響曲」は、素晴らしかった!!
扇谷さんのヴァイオリンは、明るく、パリッと元気があって、華があるように思います。
しかも、オーケストラの皆さんも、しっかりとソロと合っていて、改めて凄いな~って
思いました。今日のコンサートマスターは豊嶋泰嗣さん。
二人のコンサートマスターの共演です。お二人の音色の違いにも耳を傾けながら、
楽しい時間を過ごしました!

そして今回は、ドビッシー!
「牧神の午後への前奏曲」では、フルートの津村さんの演奏にとろけました・・・。
本当に美しい・・・。ため息が~~。
もう、ブラボーーー!!(>_<)
夢心地だったわ・・・・♪

<プログラム>
第262回定期演奏会~フランス音楽のときめき~

エクトール・ベルリオーズ
歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」序曲 作品23

エドゥアール・ラロ
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ短調 作品21「スペイン交響曲」

クロード・ドビッシー
牧神の午後への前奏曲
交響詩「海~3つの交響的スケッチ~」

指揮:小泉和裕
ヴァイオリン:扇谷泰朋
管弦楽:九州交響楽団
コンサートマスター:豊嶋泰嗣

追伸=ロビーコンサートのトロンボーン三重奏も素敵でした!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nfield.blog14.fc2.com/tb.php/31-d0c900da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。