上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.18 かぼちゃ
2日目の今日は、10時頃ホテルを出て下関経由で門司港へ。
途中、豊田町道の駅へ寄り道。
地元で採れたお米や、お茶、お土産品に目移り。
泊まった一の俣温泉を始め、豊田町は蛍で有名な町らしく、
蛍をモチーフにしたお土産品が多かったです。
時期的にはもう遅かったみたいで、残念ながら、蛍を見る事は出来なかった・・。

下関から、関門トンネルを通り(実は初めて通った!!)、門司港へ。
以前から行ってみたかった、門司港にある「カボチャドキヤ国立美術館」。
住宅街をウロウロ。ようやく見つけた美術館は、黄色の壁の可愛らしい
建物でした。
05-07-18_12-29.jpg


中に入ると、カボチャをモチーフにした、とてもユニークな絵で、
その細かいこと!!カボチャの中に町があって、門司に実際ある商店や病院、
通りまでが、細かく書き込まれてるの。
言葉で言い表すのはちょっと難しいけど、独特な世界観があって、一つ一つの絵に
引き込まれてしまいました。
この美術館は、館長さん(画家)がまたとてもユニークで、その名も、
館長 トーナス・カボチャラダムス さん。
今日、お会いした時は何も乗ってなかったけど、よく頭にカボチャが乗ってるんです!
ホント、変わってるわ~。頭にのせるカボチャは、何種類かあるらしく、廊下の棚に
無造作に置かれたカボチャの帽子が。失礼ですが、笑わせて頂きました♪
ココは、何度でも足を運びたい場所だな。絶対、また来るぞぉ!!!!

美術館に別れを告げ、お昼ご飯を食べて(ラーメン、美味しかったぁ♪)、福岡へ。
とても楽しい2日間、とても大切な思い出がまた一つ増えました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nfield.blog14.fc2.com/tb.php/30-8ba206ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。