上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.04 オケ練
Aちゃんのお誕生会も早々に、オーケストラの練習へ。
今日は、先日行われた第九後初めての練習。
今まで、ニューイヤーコンサート・第九の練習に追われ、
しばらく練習していなかった7月の定期演奏会メイン曲、
ベートーヴェン5番(運命)とシューベルト7番(未完成)の2楽章を
みっちりと合奏。

運命2ndの I さんがお休みだった為、急遽の代奏。
1~4楽章通して、1stのMさんもお疲れモード。

シューベルトの2楽章。
去年、M先先生から
「音程合ってなかったら、吹き止めるって言う手もあるんだぞ?」
・・・と、きつ~い一言が甦る。
また音程が合っていないんじゃないか、
次の音も合ってないんじゃないか、と
および腰になる。逃げたくなる。自信もって吹けない。

悪循環。
演奏とは別の勉強が必要だな、と強く思う。
この曲は、私に足りない全てが必要な曲。
この曲をやり遂げられたら、私の何かが変わるだろうか・・・。
変えたい、変わりたい。
頑張ろう。
<本日のM崎語録>
・わざとラマン = わざとらしく演奏する様、人 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nfield.blog14.fc2.com/tb.php/138-5dea3a68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。