上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.30 山の音楽家
今日は、八木山の某窯元で行われた陶芸教室の催しの一環で、
ホルン+フルートのアンサンブルを発表しました。
若干雨がぱらついたり、晴れたりの不安定な天気の中、みんな
思い思いの作品に没頭してました。
みんなの作品が出来上がるまでの待ち時間、製作途中の器達を発見!!
05-07-30_11-55.jpg


製作が終わってから、いよいよ私達の出番です!
最初はホルン3本のアンサンブル。5曲目からフルートの登場です。
演奏した曲目は、(フルートのみ)
○ 人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城より)
○ No more cry(D-51)
○ 世界に一つだけの花(スマップ)
最後の世界に一つだけの花は、みんなも歌ってくれて、とても楽しかったニャ~♪
演奏が終わった後、小学生のよっちゃんに、
「みっちゃん、二重丸!!!!」って、両手の親指と人差し指で○を作って
言ってくれたのが、とっっっっっても嬉しかった~!!

演奏の後、バーベキュー!
山の中で食べるご飯は、格別に美味しかったです!
陶芸教室の参加者が帰った後、私達も少し、陶芸を体験してみる事に。
05-07-30_17-10.jpg

手びねりで「お茶碗」を作るつもりが、「スープボウル」に変身。
思い通りの形にするってのは、もの凄く難しいと言う事に気がつきました。
で、完成形。
05-07-30_18-15.jpg


焼き上がりは、来月末かな?!楽しみです。

器を完成させた後、お世話になった窯元にさよならを告げて、オーケストラの
練習へ。遅刻をしてしまい、あまり吹く事が出来ませんでした・・・。
すみません~f(^ー^;
スポンサーサイト
2005.07.29 送別会
今日は、ベルギーから留学中のLieselotが8月4日に帰国する
と言う事で、博多での送別会でした。
Lieselotは去年、オーケストラのクラリネットパートに入団。
持ち前の行動力と、とびきりの明るい性格で入団当初から
うちのオーケストラにとけ込んでいました。日本語もとっても流暢でビックリ。
特に、Tb・vlnご夫婦Sさんの娘さん、Kちゃんにはもの凄くなつかれて、
とても微笑ましかったな~。ベルギーと言えば、「チョコレート」。
チョコレート好きの私は、Lieselotとチョコレート談議で会話が弾む弾む!!
映画(ハウルの動く城)も見に行ったり、コンサートを一緒に聴きに行ったり。
・・・Lieselotがいなくなるのは、正直とても寂しい。
機会があったら、絶対日本(福岡)へ帰って来て欲しいです!(>_<)
4日の飛行機の見送りには行けないけど、気をつけて帰ってね!!

それと、今日のお昼間、中学生の吹奏楽コンクール支部予選が行われました。
演奏時間がお昼休みの時間帯だったので、自転車を飛ばして聴きに行ってきました。
聴く方もとても緊張したけど、みんな練習の成果あってか、とてもさわやかで
35人とは思えないサウンドをしていた!!
Yちゃんのピッコロソロもブラボー♪♪

・・・夕方結果の連絡が入り、今回のコンクールは金賞でしたが、県大会への推薦は
もらえませんでした。理由は、様々あるのでしょうが、一つだけ言える事は、
私は、今回のコンクール本番の演奏をとても好きだったと言う事。
本人達も、「悔いの残る演奏はしていない」って。
とても残念な結果になりましたが、結果は結果。
納得の行く演奏が出来て、そして、それを聞く事が出来てとても幸せでした。
定期演奏会までの数週間。また、最高の演奏を出来るように頑張ろう!!!
2005.07.27 2倍!
姉の作るパスタは美味
お店で食べるパスタみたい。
でも、ボリュームが違う!!

「レストランで食べるパスタは、とても美味しいけど、
私たちには、量が足りんよね~。」

と、利害関係一致。
だから姉の作るパスタは通常の1.5倍~2倍!
それを、フツ~に平らげる私たち姉妹です。
今日は、ナスときのこのトマトクリームパスタ。
甥っ子のTくんの食べる勢いが早い早い!
口の周りをクリームでいっぱいにして、可愛かった~♪

ご飯を食べたあと、ちょっと遅いけど千代にあるパピオビールームで
アンサンブル(ホルン+フルート)の練習。
いつにも増して、自分の調子が悪かった・・・。
土曜日は頑張ります。
2005.07.26 不安・涙☆
今日も仕事の後、中学生のレッスンの為志摩町へ。
吹奏楽コンクールの支部予選直前とあって、生徒達自身ちょっと
ピリピリとしていました。
吹奏楽コンクールは、団体による「演奏」の評価。
自分が出来ていても、他の人が出来ていない「もどかしさ」。
他の人は出来ているのに、自分が出来ていない「もどかしさ」。
プレッシャーや不安を抱えて、中学生の小さな胸は張り裂けそうです。

ステージの上に上がると、楽器を演奏する私たちは、とてつもなく大きな
「孤独」と戦います。ソロ奏者は特に。
逃げることも、隠れることも許されない。ミスをしても取り返しがつかない。
みんなで作り上げたサウンドを、自分が壊してしまうかもしれない。
‘恐怖’です。本番の奏者の胸中は、計り知れません。

昨日の中学生は、そんな気持ちと戦っていました。
「出来ていない自分が、みんなに申し訳ない」と涙を流していました。
その気持ちが手に取るように分かる・・・。
そんな時、指揮をしているM島さんが、
「その考えはやめなさい。みんなでステージに上がるんだから。」

・・・指揮者は偉大ですね。
M島さんは、本当に生徒と一緒になって頑張っている先生です。
生徒との「信頼関係」が凄いのです。
でも、生徒以上にプレッシャーを感じているのは、
他でもない、M島さん自身。

やるからには、良い結果を残して欲しい。
後悔のない演奏をして欲しい。
・・・みんな頑張れ!応援してます!
2005.07.25 ZZZ・・・・
昨日のハードスケジュールのせいか、今日はかなりきつかった・・・。
お昼休みも、眠くて眠くて。
お弁当を食べたら、速攻で睡眠。

・・・ってか、こんな時間までブログ書いてないで、寝たらいいんですけどね。(笑)

今日は、母方のいとこ家族、叔母達と久しぶりの再会&食事会でした。
いとこの息子さんがリトルリーグで全国大会優勝をしたらしく、
アジアカップの日本代表として、九州へやってきたのだ~!!
現在は千葉在住。
今日は、台湾との試合だったらしく、結果は負け。
とっても悔しかったそうです。みんな大泣きしていたって聞いて、
そんな経験が出来るって、幸せな事だな~って思いました。
きっと、今日の試合の事は、ずっとずっと先の大人になっても、
大切な思い出として忘れないんだろうなぁ・・・。

私も学生時代を思い出して、ちょっぴりノスタルジックな気分になりました。
青い空!白い砂浜!青い海!
今日は、朝から糸島にてダイビング、昼からバーベキューと、
レジャー三昧の一日でした♪

ダイビングは、糸島の二見ヶ浦にて。
東の風、海は少々うねりのある状態で、砂浜の波打ち際では
結構大きな波しぶきが上がっていました。
1年振りなのに、本当に大丈夫か?!と思いつつ、バディのHさんに聞くと、
これは、まだ凪ぎの方だとの事。不安・・・f(^ー^;
砂浜からのエントリーで、波が高いため、背泳ぎでポイントまで
泳ぎました。これが結構きつい!!!
潜行をすると、海の中はちょっと視界悪め。透明度2~3mかな。
しばらくは透明度の悪い中、水中を移動し、ポイントの岩場に。
サザエ、ウニ、アワビ・・・色んな海の幸がいっぱいだった。
魚は、少なかったな~。あ、メバルの稚魚の大群を見ました!
「スイミー」みたいに、群れになって右へ左へ。メバルに夢中になってたら、
バディはどんどん先へ。慌ててバディを追いかけた・・・。
海の中を堪能した後、問題は浜からの脱出!本当に「脱出!」って感じ。
波が高いため、足がつく所まで泳いだら、四つんばになって、ハイハイで
浜へ駆け上がる!私は何とか這いつくばって出られましたが、もう一人の
女の子が波にのまれて、小石混じりの海水を飲んでました・・・。

ショップに戻ったら、なんと伊勢エビの鍋の用意が!
05-07-24_12-27.jpg

めちゃめちゃ美味しかった~♪
そして、ビックリしたのが、針千本(ふぐの)を食べた事!
針千本って食べられるのね~・・ってみんなで驚きながら、つつき合う。
沖縄では、結構食されている魚なんだって!以外にも、鶏肉のように弾力が
あって、美味しかった!!

お世話になったダイビングショップを後にして、大学オケのバーベキュー
に参加するため、野北へ移動。
私が中学時代を過ごしたこの海岸。久しぶりだったけど、やっぱりキレイ!
05-07-24_15-49.jpg

バーベキューも美味しかったし、久しぶりの学生時代の先輩や後輩と楽しい時間を
過ごせて、本当に良かった。

海のバーベキュー撤収後、福重の銭湯へ。
海での汗や海水をさっぱりと流した後、千代にあるパピオビールームにて
ホルンとのアンサンブルの練習へ。
来週末やる、ホルン+フルートの異色ユニット☆
フルートだけのアンサンブルと違って、音の広がりが凄い凄い!
普段では味わえないアンサンブル♪楽しいなり~☆

・・・さすがに、ちょっと疲れましたが、充実した一日でした。
2005.07.23 コンクール
今日は、中学生の吹奏楽コンクール地区大会当日。
朝6時50分に学校集合、と言う事で、頑張って早起きして
本番前の練習に行ってきました!
朝一の合奏では、ちょっと不安だったのですが、結果は
「金賞」!支部予選への推薦を頂きました。
ホントによかった~~。
支部予選は3日後。昨年全国大会に行っただけに、本人達は
ものすごいプレッシャーが掛かってると思う。大変なのは、これから。
私も出来るだけの協力はするから、頑張って~(>_<)
05-07-23_12-46.jpg

本番終了後、記念撮影です。

中学生の演奏を聴いた後、結果発表を待たずにフルートの練習へ。
今日は、3rdのMさんと2人の練習でした。
主旋律がないと、合っていない所、吹き流している所がたくさん
でてきた~f(^ー^;
4楽章に至っては、練習不足!Mさん、本当にご迷惑をおかけしました・・・。
運指の細かい所を合わせていたら、だんだん頭の中が混乱して来て、
余計指が回らない・・・。
テンポを遅くして、確実に合わせようとするも、合わない。
ってか、個人練してきます・・。
21時まで、Mさん本当にお疲れさまでした。
さすがに、今日は疲れたね・・・。また次回!リベンジだ~!!
2005.07.21
私の父は、今時珍しいくらいの頑固親父だけれど、結構お茶目な所があります。
娘の私が思わず笑ってしまう一瞬。

ただいま → ただいまちゃんよ~ぉ!
これは、機嫌が良い時。

ぴったり → ぴったりコン!
真面目な仕事の相手だろうが、普段の会話だろうが、絶対コレ。

TEL → テレ。
カタカナにすると、「テル」。でも父は絶対「テレ」。何回訂正しても「テレ」。
最近気づいたけど、母も「テレ」って言っている。

明後日 → あしたあさって
・・・何故かは分からない。人と約束をする時も私に言うときも、
「あさって」の事を「あしたあさって」と言う。きっと、約束した人は、
実際、明日行ったらいいのか、明後日行ったらいいのか絶対分かってないと思う。
「一体、どっちなんだ!!」と、私はいつも心の中でつぶやいている。

田舎羊羹(小城羊羹の事らしい)をこよなく愛す。
・・・こんな私の父。
2005.07.20 レッスン
今日は、仕事の後中学生のレッスンの為糸島へ。
思ったより仕事が長引いて、30分以上遅刻をしてしまいました・・・。
すみませんf(^ー^;)

今日のレッスンは、簡単にソノリテ(音色を磨く練習・ロングトーン)をした後、
明々後日行われる吹奏楽コンクールの課題曲。
ソノリテでは、少し音が荒れ気味のような気がして、息の量やスピードの調節
をしました。(3年生)
フルート全体を使って、いっぱいいっぱい響かせる一歩手前で音を出す
感じ。吹奏楽など、大きな音の中でフルートを吹いていると、自分の音が
よく聴こえず、自分自身も大きな音で吹こうとするので、息のスピードが
上がりすぎて、音が荒れてしまうのです。
しかも、普段から楽器全体を振動させて、ff(フォルテシシモ)で!!と、
私が言っているので、それはなおさら。
たくさん息を吹き込んで、楽器を鳴らせるようになったら、ffの一歩手前、
一番音が美しい状態でコントロール出来れば、一番いいのですが。
2年生は、最近もっぱらビブラートの練習。ブレスコントロールが上手くいかないのと、
体の力が抜けきれないので、なかなか上手くいきません。
上手に上半身の力が抜けるようになると、彼女は飛躍的に上手くなりそうな気がします。

課題曲は、よく練習しているのですが、ダイナミクス(p<ff)の幅がまったく無くて、
一本調子に聴こえるのが一番気になる所。とくに、落とす所で落としきれていない。
後半に出てくるピッコロのソロは、フレーズの取り方が小刻みで、メロディが流れ
てなかったので、大きなフレーズを意識して吹くことに注意して。
変な所でアクセントを付けない、音を後押ししないなどの細かい所。等々・・・。

自由曲は、時間がなくてあまり見れなかったのですが、歌う所のビブラートの自然な
掛け方。こればかりは、感覚の問題なので教えるのが難しいのですが、ビブラートが
ちょっと違った感じだったので・・・。
フルートって、ビブラートの掛け方で、歌い方も大きく左右されるので結構難しい。
しかも、短い音で掛けるとなると余計ね・・・。
それから、緊張感のある演奏への切り替え。(場面の転換)
息のスピード感の問題。(利用)

・・・こうやって、一つずつあげると、ホント難しい事やってるなぁ・・・と
感心してしまいます。
それから、細かい所までいっぱい書いているけど、これは私自身の頭の整理。
中学生に注意しながら、心の中では「私もね」「私もね」と呟いています。

レッスンの後、保護者の方から手作りのブルーベリーヨーグルトケーキや、
エクレア、あんみつ、ドーナッツなど、心のこもった差し入れを頂き、大変
恐縮してしまいました・・・。とっっっても嬉しい(>_<)
レッスンに着いた時、いつもお腹をすかせている私におにぎりやサンドイッチ
を差し入れて下さっているのも、本当に感謝しています。
いつも、有り難く頂いています。ありがとうございます~~~!!
今日は、仕事のあと、九州交響楽団の定期演奏会「フランス音楽のときめき」
に行ってきました。
九響コンサートマスター扇谷泰朋さんのソリストデビュー。
ラロのヴァイオリン協奏曲「スペイン交響曲」は、素晴らしかった!!
扇谷さんのヴァイオリンは、明るく、パリッと元気があって、華があるように思います。
しかも、オーケストラの皆さんも、しっかりとソロと合っていて、改めて凄いな~って
思いました。今日のコンサートマスターは豊嶋泰嗣さん。
二人のコンサートマスターの共演です。お二人の音色の違いにも耳を傾けながら、
楽しい時間を過ごしました!

そして今回は、ドビッシー!
「牧神の午後への前奏曲」では、フルートの津村さんの演奏にとろけました・・・。
本当に美しい・・・。ため息が~~。
もう、ブラボーーー!!(>_<)
夢心地だったわ・・・・♪

<プログラム>
第262回定期演奏会~フランス音楽のときめき~

エクトール・ベルリオーズ
歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」序曲 作品23

エドゥアール・ラロ
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ニ短調 作品21「スペイン交響曲」

クロード・ドビッシー
牧神の午後への前奏曲
交響詩「海~3つの交響的スケッチ~」

指揮:小泉和裕
ヴァイオリン:扇谷泰朋
管弦楽:九州交響楽団
コンサートマスター:豊嶋泰嗣

追伸=ロビーコンサートのトロンボーン三重奏も素敵でした!!!
2005.07.18 かぼちゃ
2日目の今日は、10時頃ホテルを出て下関経由で門司港へ。
途中、豊田町道の駅へ寄り道。
地元で採れたお米や、お茶、お土産品に目移り。
泊まった一の俣温泉を始め、豊田町は蛍で有名な町らしく、
蛍をモチーフにしたお土産品が多かったです。
時期的にはもう遅かったみたいで、残念ながら、蛍を見る事は出来なかった・・。

下関から、関門トンネルを通り(実は初めて通った!!)、門司港へ。
以前から行ってみたかった、門司港にある「カボチャドキヤ国立美術館」。
住宅街をウロウロ。ようやく見つけた美術館は、黄色の壁の可愛らしい
建物でした。
05-07-18_12-29.jpg


中に入ると、カボチャをモチーフにした、とてもユニークな絵で、
その細かいこと!!カボチャの中に町があって、門司に実際ある商店や病院、
通りまでが、細かく書き込まれてるの。
言葉で言い表すのはちょっと難しいけど、独特な世界観があって、一つ一つの絵に
引き込まれてしまいました。
この美術館は、館長さん(画家)がまたとてもユニークで、その名も、
館長 トーナス・カボチャラダムス さん。
今日、お会いした時は何も乗ってなかったけど、よく頭にカボチャが乗ってるんです!
ホント、変わってるわ~。頭にのせるカボチャは、何種類かあるらしく、廊下の棚に
無造作に置かれたカボチャの帽子が。失礼ですが、笑わせて頂きました♪
ココは、何度でも足を運びたい場所だな。絶対、また来るぞぉ!!!!

美術館に別れを告げ、お昼ご飯を食べて(ラーメン、美味しかったぁ♪)、福岡へ。
とても楽しい2日間、とても大切な思い出がまた一つ増えました。
2005.07.17 秋吉台
今日から、山口へ小旅行♪

秋吉台に着いたとき、何の変哲もない山道だな~って思ってたら、
いきなり視界が開けて、大草原に。カルスト大地の石灰岩がボコボコと
突き出して、あまりのスケールの大きさに圧倒されてしまいました。
草原の緑、空の青、雲の白のコントラストがすごく印象的で、
天候に恵まれた事に、感謝、感謝♪です。

カンカン日照りの中、秋芳洞へ。
中はすごくひんやりしていて、涼しく、薄暗い洞窟の中、ヒタヒタ歩く感じ。
想像していたよりも、ものすごく大きな鍾乳洞で、自然の作る造形に、ただただ
圧倒されるばかり。天井を見上げても、下を覗き込んでも、「信じられない」
とつぶやく一方、偶然に出来たマリア像や観音様、ライオンの像にもビックリ。
中でも、黄金の柱(だっけ?)には、もはや神の存在を感じましたね。
05-07-17_13-33.jpg

上を見上げたとき、思わず口がポカンとあいてしまう。
端から見たら、ちょっと馬鹿っぽかっただろうなぁ・・・。

秋芳洞から秋吉台を再び通り抜けて、今度は日本海側へ。
映画「四日間の奇蹟」の舞台となった、角島へ。
本島から一本の橋がずっっっっと続いていて、これまたビックリ!!
海水浴シーズンと、映画の影響からか、ものすごく車が多くて、渋滞してたのが
ちょっと残念でしたが、灯台の下に着いた時は、予想を裏切らない風景に満足♪♪
時間が過ぎていた為、灯台には上れなかったけど、展望台からは、広い日本海と、
映画の舞台となった教会が望めました。
機会があったら、今度海へ入りたい!(>_<)

秋吉台も角島も、素晴らしい自然を前に、時間がゆっくり過ぎて、
すごく思い出に残る一日でした。

そのまま、一の俣温泉へ。
地名の存在すら知らなかったのだけれど、お風呂の泉質もトロリとしていて気持ちいい!
ロケーションも山に囲まれて、川のせせらぎ、カエルの声(笑)、夏を満喫!
携帯の電波も圏外。
日常生活を忘れて、のんびり過ごす事が出来たな~。
やらかした!!(>_<)
またやってしまった!!

今日はお昼からフルートアンサンブルの練習で、夕方からはオーケストラへ。
フルートアンサンブルは、先週の発表会の反省会。
1stIさんが先週の演奏を録音して、聴いた感想では、「お尻の重い人のような
演奏」「あか抜けない」「子供っぽい」「小さいフレーズで色んな事をやりすぎており、
さらに何かをしたいようには聴こえるが、何をしたいのか分からない」
・・・etc
まずは、テンポを全体的にアップして、不自然なニュアンスを取り除き、
シンプルな形に。
そして、三拍子の基本形の確認。三拍子=「強・弱・弱」の形。
すっかり、忘れてました。
細かい和音の音程や、rit → a tempo のタイミングなど。
やる事は、考えれば考える程たくさんあって大変です。

今回のアンサンブル、いつも1stのIさんが全体をよく研究して、
さらに3人を引っ張ってくれています。
基本的な知識、曲の研究、技術・・・本当に尊敬してしまう。
たまに、おっちょこちょいな所が更に可愛らしいのです。(笑)
私もIさんに頼りっぱなし・・・f(^ー^;)

そして・・・問題はオケ練。(アンサンブルも充分問題なのですが・・・)
シューベルトの「未完成」、またやらかしてしまいました。
2楽章の最後の方、一瞬ぼーっとしてしまって、気づいたら影譜と同じ形の
メロディを弦が演奏していたので、その後慌てて入ったら、なんと、
10小節も早かった・・・!
しかも、音程めちゃめちゃ。
そんな、自分が情けない。泣きそうでした。(;_;)
そして、先生からきつ~い一言。
「おい、Nに団費でチューナー買って渡しとけ!」
あぁ・・・。

今日は、いきなりベートーベンの9番をやる!と、先生がいわれたので、
予想外の展開に、大慌て。しかも難かしい。
この曲もどうなる事やら・・・。

今、あの曲もこの曲で、私の許容範囲を超えている・・。いっぱいいっぱいの状態です。

今日は、都響からビオラ奏者のお客様が。
きっと、こんな私に呆れただろうな~。
2005.07.15 フィナーレ
今日は、山笠のフィナーレ、追い山でした。
朝は早くて生で見れなかったけど、TVで見てもやはり、スゴイ
迫力ですね。櫛田神社の境内に入る直前の緊張感のある真剣な
目に、ドキドキしてしまいました

一番山の「千代流れ」は聖堂入りした真ん中で、奉納、「祝いめでた」
を歌います。私、この歌を聴くと、じ~んとしてしまうんです。
そして、歌い終わるや否や、どどど~っと外へ駆け抜ける。
廻り止めまで山をかいてまわる間、真っ暗だった空が、だんだん
白み始めて、夜が明ける風景も感動ものです。

山をかく人人人で埋め尽くされた大博通りも、私たちが会社へ出勤する頃になると、
何事もなかったかのように全てが終わってるのですが、(飾り山もない)この後に
引かない潔さもよいですね。

「幽玄(有玄)」と言うのでしょうか。
日常と何にも変わらない普段の朝なのですが、今しがたまで戦った「気」の様な
感覚が漂っているのが分かります。不思議な感じ。

山笠が終わったので、夏本番がやってきます!!!
今年の夏は大変だ!
2005.07.14 携帯より
今日は、初めて携帯から投稿します!
目の前に自分のパソコンがあるのに、なんか変な感じf^_^;
でも、一度送ってみたかったんです。ちゃんとUpされるかな?

最近、夜は過ごしやすい日が続いていて、クーラーがない
わが家も平和なもんです。
ずっと、この気温続いてくれないかな~と思う今日この頃です。
2005.07.13
05-07-13_22-51.jpg

昨夜、中学生の保護者の方から頂いたプリンです。
夜ご飯も済んで、お腹はいっぱいですが、今から食べようかどうしようか、
すごく迷ってます。

う~ん・・・どうしようか。
もう23時過ぎているし・・・。
でも、賞味期限が。
う~ん・・・。
2005.07.12 追い山ならし
今日は「追い山ならし」の日でした。
「追い山ならし」とは、「追い山」のリハーサル。
昨日から、千代流の方がうちの会社の水道を借りに、一升瓶のお酒を
持って見えられました。うちの会社の前を山が走るので、「勢い水」を
確保するのに調度いいのです。

15日「追い山」の本番は、明け方の3時59分にスタート。
今日の「追い山ならし」は、昼間の15時59分スタート。
12時間違いで、本番さながらのリハーサルをやります。
14時位から、大博通の道路封鎖のため、警察や水法被着た山笠関係者がウロウロ。
このときばかりは、うちの会社のお客さんも、車では会社に近づけません。
15分前くらいになったら、えいっっ!と道路封鎖がされ、片側4車線の道路も
歩行者天国に。博多では、車より、山が偉いのです。
遠くから、「オイサ、オイサ」の声がしだしたら、先走りの子供達が苦しそうな
顔をしながら、走ってきました!
05-07-12_16-18.jpg


先走りが通り過ぎたと思ったら、今度は山の登場!
怒号が飛ぶ中、ものすごい迫力で目の前を通り過ぎて行きました。
05-07-12_16-41.jpg


ただ、櫛田神社の聖堂からうちの会社の前まではかなりの距離があって、
細い路地裏をジグザグと走るので、山をかいて走り回るのは、かなりの距離。
山をかいてなくても、はっきり言ってかなりきつそう・・・(>_<)
一体、何キロぐらい走るんだろう・・・?小学生が、胸を押さえながら、
フラフラと走っていたのが、かなり印象的でした(笑)

でも、やっぱり山笠は迫力あるな~。
会社に居ながらにして、山笠を体験出来るのもラッキーです♪

そんな中、とっっっっってもかわいい、将来の‘山笠のぼせ’を見つけました♪
思わず、携帯で撮ってしまった・・・
05-07-12_15-44.jpg


夜は、中学生のフルートレッスンで志摩町へ。
今日は、今までより一皮むけた感じでした。コンクール本番まであと10日!
練習あるのみです!
2005.07.11 チョコマサ
私の大好きなsweetsのひとつ。
東京新宿のパークハイアットにある、パティスリーカフェのケーキ、
「チョコマサ」。自分が東京に行ったとき、姉が東京へ遊びに行った時は、
このケーキを買って来てもらっています♪

先日、姉が東京へ遊びに行ってたので、早速買って来てもらいました!
今日は、姉が東京から帰って来てから2度目のチョコマサケーキを堪能♪
う~ん、この濃厚なチョコレートの味っ!
やっぱ、美味しいわ~
一度食べたら、癖になる味です。
穴があったら、入りたい・・・。
きっと、この言葉はこう言う時に使うのでしょう。

今日は、高校時代からお世話になっているフルートのY先生をはじめとする
ヴァイオリン、チェロ・ピアノなど、その他の先生方の門下生の合同発表会
でした。私たちオーケストラのフルート3人組はコンクールの’場慣れ’の意味も
兼ねて、先日から練習しているアルビジーの第2小組曲「春の歌」で出演
させて頂いたんです。

ところが・・・(ー_ー;)
緊張感漂うステージの上で、演奏中、なんと、私の楽譜がふわりと飛んだっっ!!
大体、3rdのMさんの楽譜がふわりとした時点で、嫌な予感はしたのだ・・。
次の瞬間、私の楽譜の方が。私は当然、Iさん、Mさんも凍り付き。
演奏しながら、何とかならないかと、3人それぞれ頭の中で色んな事を考えた!!
Iさん「あぁ・・・ピアノの後ろまでNさんの楽譜が~・・・
    何とか、次の所まで持ってくれたら、私が取りに行けるかな・・・」
Mさん「N村(ステマネ)さ~ん!!!助けてっっ(>_<)」
私「マジでっ?!何とかならんかな?!次のページ(飛んでしまった楽譜)の
  あそこまでは何とか覚えてるけど・・・あそこの1小節休みの所で
  取りに行けんかな?!誰か~!!助けて(>_<)」

そこに、救世主登場!私達の師匠、Y先生だ。
さささっと、駆け寄って来て、楽譜を戻してくれた・・・。
「た、助かった・・・。」
がっっっ!しかし、1度ならず2度までも。
楽譜は悲しくハラリと飛んで行った・・・。
ガ~ンッッ。
そして、またしてもY先生が駆け寄り・・・。

Y先生の活躍により、なんとか演奏は途中で止まる事なく最後まで終える事が
出来たのですが、もう、穴があったら入りたい・・・。(;_;)
当然の事ながら、Y先生には叱られましたさ・・・。
「これがコンクールだったら、泣くに泣けんぞ」

その通りです。全ては、私が製本をしていなかった為に起きた事件。
私一人のソロなら、自己責任で済まされる事ですが、アンサンブルとなると話は別。
私一人のせいで、演奏全てをめちゃめちゃにしてしまう所でした。
本当に申し訳ありません
情けなくて、涙が出ました。

ちなみに・・・Y先生は「やっぱりN・・・」と、心の中で思ったそうです。
「やっぱり・・・」の所がね・・。成長のない証し。
また、やらかしてしまった今日一日でした。

=追記=
発表会後にフルートY先生門下生だけで、親睦会♪
東区 三苫小学校の隣にある、「ポンム」という、Y先生行きつけの
イタリアンレストラン。
家庭的な雰囲気のお店で、実際の料理はと言うと、凄く美味しいっっっ!
本番に起こった事など忘れて、また食べに走ってしまいました・・・。

・・・反省しております。
2005.07.09 同級生
今日は、朝から壊れていた自転車を自転車屋さんに
持って行き、その足で、先日プレイガイドや各楽器屋さんに
預けていた、定期演奏会のチケットの精算と回収にまわりました。

夕方から、高校時代の同級生と4人で近所の飲み屋さんでおしゃべり。
東京にお嫁に行ったAちゃん、来月が出産予定のMちゃん、
市内の病院で看護婦をしているKちゃん。この三人とは同じ部活で
3年間苦楽を共にして来た仲間です。
東京のAちゃんが福岡に帰省するって事で集まったメンバー。
なんと、私以外の3人は医療の現場で働く方々なのです。
Aちゃんは、理学療法士。Mちゃんは作業療法士。どちらも基本分野は
違っていても、内容で通じているものがたくさんあって、話を聞いていると
凄く引き込まれた~!看護婦のKちゃんの話も加わって、とても楽しい
時間を過ごせました♪
Mちゃんは来月赤ちゃんが生まれるんだけど、まだ作業療法士のお仕事を
続けていて、頑張ってました。もうすぐ産休に入るんだって。
大きなお腹をみて、Mちゃんもとうとうママになるのか~と、感動。
Mちゃん、元気な赤ちゃん頑張って生むんだよ!!
Aちゃん、慣れない土地で大変だろうけど、持ち前のパワーで頑張れ!!
福岡に帰って来たら、また一緒に飲もうね♪
Kちゃん、医療現場最前線で働いているにも関わらず、色んな事にチャレンジ
していて、本当にスゴイ!!今度、一緒にテニスしようぜ~♪

結婚や仕事で遠く離れてしまい、なかなか会えないけど、ずっと大切に
したい友達です。

あと、今日は2番目のお兄ちゃんの誕生日
Happy Birthday
今日は、仕事が終わってからフルートアンサンブルの練習でした。
先週末に、オーケストラの先生に見てもらってから、メロディの
曲想がガラリと変わって、今夜は私たちなりに、ここはこうしたい、
ああしたい、と意見を出し合ってみました。
特に1stのIさんがたくさん曲の研究をして来られてて、すごく
勉強になりました・・・。
楽器を演奏するにあたって、美しい音色を出すとか、ちゃんと指が
まわるとかの練習より、’自分がこの曲をどう吹きたいか’って考えるのは
一番難しいと私は思います。
自分の美しい所、汚い所、もっと心の奥底の部分をさらけ出すような
恥ずかしい気持ちになってしまい、うまく’これが自分の演奏だ’って
いう演奏を出来ないのです・・・。
私が、’自分はこうしたいんだ’って感情をあまり出せないのは、
音楽以外の私生活にも結構繋がってる気もします。
だから、音楽って「自己表現」なんですね。
自分の性格と、自分の音楽って同じ。
でも、本音は自分の演奏に自信がない事も要因の一つかな。

’こうしたい’という意見を出し合える場があるのは、とても有意義な事。
この時間を、ずっと大切にしたいです。

05-07-08_20-45.jpg

練習会場のスタジオに入ったら、お茶会の準備がされていた!!!
テーブルの上には、メモがあって、スタジオを貸してくれている、
従姉妹のHちゃんの差し入れでした。
フルートパートの3人で、驚きと感激で「キャー」って叫び声が出ました。
嬉しいサプライズ!スタジオを使わせてもらってるだけでも有り難いのに、
Hちゃん、本当にありがとう!!!!!!
2005.07.07 たなばた
今日はたなばた。
一年に一度、織り姫と牽牛が再会出来る日です。
今日は久しぶりにお日様が出て、神様は、二人を会わせてくれたんだな~って
思いました。帰宅途中、空を見上げると、ちょっと雲が出ていたのと、
霞がかかった感じだったんだけど・・・。きっと大丈夫だよね?
だって、これだけずっと大雨続きだったのに、晴れたんだもん!
やっぱ、運命的だわ~

今日は、仕事が終わってから、姉のうちでご飯を食べました。
先日から、甥っ子T君の具合が悪く、毎日病院通いをしていて、その様子伺いも
兼ねて。思ったより状態が悪くて、すごく心配。
まだまだ小さいのに、点滴や吸引を繰り返し・・・今日は、点滴の時、自分から
手を出したそうで、その健気さにギュ~ってしたくなりました。
お姉ちゃんの作った皿うどん、魚介類や新玉ねぎがたくさん入って
とっても美味しかった~♪
また、作ってねん
昨日、ブログをマジマジと眺めていて、気づきました。
食べる事が大好きな私なのに、「美味しい物」のカテゴリーが0だ!!
これはいけないっっっ
う~ん、沢山ありすぎて困る~

今、一番気になってるお店は、大手門にある「らるきい」の‘ぺぺたま’。
ガーリック風味が効いた、ふわふわのカルボナーラみたいなパスタらしい。
すご~く食べてみたいっ
2005.07.05
先日までの干ばつから一転、雨空の毎日。
まずは、水不足の心配はなくなった~。
この雨のお陰か、夜が涼しくて昨日はよく眠れたし。
今日も、ぐっすり眠れるかな?
でも、大雨過ぎるのも困るなぁ・・・。
2005.07.04 レッスン
今日は、仕事が終わってそのままフルートのレッスンでした。
中学生にフルートを教えているのですが、これがなかなか難しい・・・。
もう、何年も同じ中学校(母校なのです)を指導しているけど、
未だに、これだ!!っていう教え方が無くて。
結局、私が先生に教えてもらった事を、そのまま同じ様に教えるんだけど、
やはり、プロの先生のようには行かない・・・f(^ー^;)
息の送り方、タンギング一つ取っても、どうやったら、分かりやすく伝えられるか
悩んでしまう。理屈ばかり並べても、実際やって見せても、目には見えないし、
同じ事を繰り返し繰り返し何度も反復して、感覚を掴んでもらうしかない。
どうやったらいい音色が出るのか、何がいけないからきれいな音色が出ないのか。
どんな練習方法が有効的か。
もちろん基本は教えるけど、何よりも普段から「考えながら」練習出来るように
指導しているつもりなんだけど・・・。
うまく伝わってるかなぁ?

そして、教えながらいつも思うのは、自分の未熟さ。
昔の私より、確実にレベルが落ちている。しかも、かなりの落差・・・。
もっと自分のフルートの腕を磨こう。もっといっぱい練習しよう。

今日は、キャナルシティで映画を見ました。
見たのは、「ダニー・ザ・ドッグ」。ジェット・リー、モーガン・フリーマン
の出ているサスペンス。

やっぱ、モーガン・フリーマン最高!!今回、盲目の調律師の役どころなんだけど、
調律をするピアノや料理する材料一つ一つに話しかけて、対話する。物の声を聴く。
その静かな演技に脱帽しました(>_<)

そして、主役のジェット・リー。今回「犬」として生きて来た人間役。
この映画で見せた彼の「表情」に私は釘付けになりました。
人間に怯える目、凶暴な殺人鬼、無垢な楽しみ、悲しみ、そして歓喜。
特に、ラストシーンの表情は、映画が終わっても頭から離れません。
あっという間の時間だったな~♪
2005.07.02 土曜日
土曜日は、いつもオーケストラの練習です。
練習はいつも17時から。今日は、フルートのアンサンブルの練習もあったので、
13時から集まって練習してました。
8月に札幌で行われる、フルートコンベンションのコンクールに出る為です。

曲目は、
ABELARDO ALBISI
?.MINIATURE SUITES for three Flutes
1.CANTO DI PRIMAVERA(春の歌)
2.LA SORGENTE(泉)

の2曲。練習の後、オーケストラの練習場へ移動し、指揮者の先生に聴いて
もらった所、ちょこっといじってもらっただけで、全く別の曲になっちゃう。
私たちの音楽性の無さに恥ずかしくなった・・・。
しかも、制限時間と難易度の関係でカットしていた部分を先生からやっぱり
入れた方がいいと言われ、いきなり慌てだす私たち。
今から毎日練習したとして、本当にコンクールまで間に合うのだろうか?!
・・・気合いを入れ直さなければ。取りあえず、来週の発表会は今日までの
バージョンで出演するとして、と。
7月~8月の間に糸島の酒蔵で行われるミニコンサートにも出演させて頂く
ことになった。少しでも、緊張に慣れておかないといけないしね・・・。

オーケストラは、先週の本番が終わり、早速来年の曲に取りかかりました。
今度は、ベートーベン 交響曲第5番(運命)、シューベルト「未完成」。
どちらも今日は初見大会♪
私は、未完成の1番を吹かせてもらうことに。
とても美しい曲なので、音程や音色に気を使わなければいけないシビアな曲。
でも、楽しそう!!降ろされない様に一生懸命頑張ります。
運命は、今回1アシ。未完成に集中できる。
定演が終わったとは言え、これから酒蔵納涼コンサート、8月コンクール、
秋は地域の文化祭、管楽アンサンブル、第九、ニューイヤー、とステージは
満載。特に今年は忙しいなぁ・・・。しかも、難しい曲ばかりで、身震いします。

出来ないなんて、言っていられない(>_<)
前進あるのみです!!
とうとう7月に入りました!今日は、福岡の街も雨が降って、
街路樹も花壇の花も、きっと喜んだに違いありません。

さて、7月1日で博多の町は本格的に「山笠」のシーズンに突入しました。
朝から、当番法被に赤手拭(あかてのごい)を腰から下げた若者やおじさんが
町の中をウロウロ。何日か前から、飾り山の準備が始まったな、と思っていた
ら、いつの間にか7月。
うちの会社にも、3流の当番町の方達がご挨拶に見えて、お神酒としめ縄を
取り交わし。会社の場所からすると、大博通り沿いなので、「大黒流」に
なるのですが、移転前の事務所の時からの付き合いで、うちは「恵比須流」。
仕事柄の関係で、今回は「西流」の方達も見えられました。

05-07-01_10-50.jpg

さっそく、しめ縄を飾る。
「山笠」は神事なので、山笠の期間中はこのようなしめ縄や、奉納した榊を
家々(民家も会社も)や、電柱などに付けてまわります。これは魔除けの意味も
ありますが、山笠は大変危険を伴う行事なので、ケガや事故が起こらぬよう、
願いも込められています。

15時過ぎ、いつもよりかわいらしい「オイサ、オイサ」の声につられて、
事務所から外に出ると、いました!いました!子供山笠♪

05-07-01_15-32-1.jpg

05-07-01_15-32.jpg

褌に、水法被。子供達も真剣です。
山笠の未来を担う子供達に、伝統を享受しようと、大人達も必死です。
「追い山ならし」顔負けの緊張感と迫力でした。
交差点は、スピードがいるので、大人が山をかきます。
05-07-01_15-30.jpg


山笠のシーズンになると、この地域の方達は仕事もそっちのけ、山笠に
集中。仕事の電話があっても、「今、山笠に行っとうけん。」で終わり。
掛けた方も「あ、そうですか。」で、納得。
「山笠」は何よりも優先されるべき神事なのです。

今日から15日まで、博多の町は山笠一色です!
山笠がないと、夏は始まらんとバイ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。