上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.26 本番!!
今日は、所属している市民オーケストラの定期演奏会当日。
ゲネプロから、ず~~~っっっと緊張しっぱなし!!
朝、会場入りしてから、少しでも音出しと、楽譜をさらおうと思っていたけど、
結局、こまごまとした雑務に追われて、ゲネの前も本番前も殆ど何も出来なかった。
ご飯を食べるのもままならず。
ある意味、緊張が紛れて良かったかも・・・・。

映画音楽「馬あぶ」は、初演という事もあって、オーケストラの定期演奏会には
珍しく、映画のストーリー解説のアナウンスを楽章と楽章の間に入れたのだけれど、
本番直前に頼んだにも関わらず、アナウンスを引き受けて下さったAちゃんの
お友達Fさん、ブラボーでした!!!!!
お客様の評判も良くて、感謝、感謝です。

「馬あぶ」は今回、トップを吹かせて頂いたのだけれど、これが、とてもきつい!
派手なトリルも、叙情的な切ないメロディも、あっぷあっぷと、酸素不足の
金魚鉢の金魚状態・・・。皆様にはきちんと美しく聴こえただろうか・・・。
直前まで、9楽章のオーボエとのソロ、高音のDが合わなくて、本番も不安いっぱい。
オーボエのKさん、未熟な私に即座に合わせていただいて、本当に助かりました。

そして、そして!やっぱり今回のゲストコンサートマスター、やってくれました♪
ストラディバリウスの奏でる美しいヴァイオリンの音色はうっとりものです。
あとで、本番中を撮影した写真を見せてもらったのですが、私の首が右斜めに傾いて、
目がハートになっておりました。
一昨年もヴァイオリン・コンチェルトでお世話になったばかりだったのに、
今回、「馬あぶ」のコンサートマスターもお引き受けくださり、もう、二度と
こんなチャンスはないと思っています。

ベートーベンは今回は2nd。昨日は音程が合わなくて、どうしよう・・・って
思ってたんだけど、何とか取り戻せた~f(^ー^;)
色んなハプニングはあったけど、私たちが出来る最高の演奏だったんじゃない
かな。ベト8は本当に難しかった・・・。

ウェーバーは今回降り番。
ゲネを会場で聴いていたんだけど、最初のホルンのアンサンブルも中間部の
クラリネットのソロも凄くかっこ良くて、私もその楽器吹きたい!!
って思ってしまった。この曲に限らず、おいしいソロを聴くと、うっとりする
のと同時に、凄く羨ましいのだ~。
フルートMさんの音もよく響いてて、良かったです。

今回の演奏会、いつもの如くチケット係を私はやっていたんだけれど、
本番当日まで、チケットがうまくさばけなくて、ちゃんとお客様が入るかどうか
とても不安でした。だけど、まずまずの客入り。
みなさん、必死になってチケットをさばいてくれたお陰です(;_;)
次こそは、もっと早めに対策を練って、もっともっと私たちの演奏を聴いて頂ける
様に頑張ります!!

そして、この定期演奏会を開催するにあたって、沢山の方々にご協力を頂き、
本当にありがとうございました!!
応援して下さる皆さんの期待に応えうる演奏を、これからもやりたいですね。
その為にも、また来週から練習に励みます♪♪

05-06-26_13-51.jpg

本番直前、控え室にて。今回乗り番の楽譜「馬あぶ」と「ベト8」。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。