FC2ブログ
2005.09.19 青春との再会
今日はJ高校の定期演奏会の日!
・・・一曲だけしか乗りませんが、朝9時から集合。
演奏するだけのつもりが、初代の先輩が裏方で大忙しな為、
OB会の伝達役として、ちょっとだけ働かせて頂きました。
練習に出て来ていなかった先輩や後輩、裏方のお手伝いだけの
先輩、後輩。懐かしいメンバーに再会しました!!

本番前の合わせ、ゲネプロ、を済ませていよいよ本番。
今回のOBステージの曲は、オーソドックスな吹奏楽オリジナルの曲で
演奏しやすいナンバーだったのですが、一カ所フルートのソロがあるのです。
もう、緊張しまくり。
リハーサルまでの様には吹けなかったけど、大きな事故もなく。
でも、もうちょっとかっこ良く吹きたかった~ぁ!!
でも、久しぶりの感覚にちょこっと感動・・・。

現役の後輩達も頑張っていました!
青春時代を過ごした仲間が、また長い年月を経て再会する。
また共に音楽を楽しむ。
とても、贅沢な時間ですね・・・。
とても、幸せな時間です。
2005.09.17 練習→練習
今日はまた、J高校の定期の練習に行って来ました!
和室(部室)の下にある、学食がそのままだったから、
思わず、一枚撮っちゃいました。
05-09-17_13-10.jpg


音出しをして、久しぶりに和室での合奏。
ふと、高校時代に戻ったのかと錯覚してしまいました。
そして、これまた久しぶりのN嶋先生の指揮での合奏!!
先生のアグレッシブな指揮と、N嶋節?!炸裂ですっっ(笑)
さすがに、高校を卒業してからみんな様々な環境の元で
生活して来たこともあり、昔の様なぴったりと合った演奏・・・
とまでは行きませんでしたが、
その分自由で、味のある演奏になった様な・・・??
とにかく、楽しかったです~(^ー^)

高校の練習が終わってから、すぐオーケストラの練習へ。
練習場には少々遅刻をしてしまい、着いた頃には「未完成」
の後半に差し掛かる所。慌てて、合奏に入ったはいいが、
明後日のピッチで先生に呆れられてしまい・・。
「そのままじゃ、合奏に入れんぞ」の一言。
昼間の高温多湿の場所での練習のせいと、やはり大きいのは、
自分の力不足です。毎回同じ事を言われてる。
まずは、この音程をなんとかしないと。
周りの音をよく聞く事。
そして、よく歌う事。
私の頭の中の「音感」をもっと磨く事。
頑張らないと。
2005.09.03 サウナ
今日は先週に引き続きJ高校吹奏楽部にお邪魔しての練習。
・・・それにしても暑かった!!!
灼熱地獄の中、クーラも無い部屋を閉め切っての練習。
天然サウナです。じっとしてるだけでも汗が吹き出て来て来るのに、
演奏もしないといけないなんていけないなんて・・・
高校時代、こんな中よく練習してたな~って感心してしまいました。(苦笑)
今度19日にある定期演奏会の「前座」でOBステージをする為の練習なのですが、
これが結構楽しいんです。なんだか懐かしい感じ。
小難しい曲じゃなくて、オーソドックスな吹奏楽曲だからかな?

吹奏楽の合奏を途中で抜け出し、オーケストラの練習へ。
今日も、分奏です。
ヴェートベンの第九の1楽章と4楽章、5番「運命」。
曲中のチューニングのAの音で入る音程が合わない。
最初は合ってたのに、しばらく経つと低くなってるんです。
きっと、自然と楽な吹き方をしてるからだと思う。

あと、クレッシェンドの持って行き方、音形の種類の吹き分け、
それから、曲の構造を一つ一つ確認しながらの分奏でした。
かなり奥の深いヴェートベン・・・。凄い人だぁ。
2005.08.10 レッスン
今夜は、仕事のあとオーケストラのM崎先生に例のフルートアンサンブルを
聴いて頂きました。
最初から、難しい4楽章からのレッスン。
1stと3rdの位置を逆にされ、聴こえてくる音のバランスが違ったためか、
調子が狂って、ポロポロとミスを連発
なんだか、右脳と左脳が入れ替わったかと思うくらい、混乱してしまいました・・・。

M崎先生が見て下さったのは、縦の線とか、横の線とか、リズム等の細かい技術
ではなく、いかに音楽的に演奏するか。不自然でないフレーズ取り。
先生が、ちょこっといじるだけで、曲がガラリとドラマチック変わってしまう!!!
音程や縦の線、リズム、指などは、ある程度自分たちでやるべき練習なのですが、
やはり、音楽の聴かせ方、フレージング等のレッスンを受けると、目からウロコが
落ちたように感じます。やっぱり、すごいや。先生は。
その先生の要求に応えられない自分の技術の未熟さに、涙が出そうでした。

泣いても、あがいてもあと8日!
頑張ります!!

M崎先生、遅い時間なのに、レッスンを快く引き受けて下さって、
本当にありがとうございました!!
2005.08.06 練習
今日は、一日フルート日。
午後2時よりオーケストラの練習会場に集まって、
フルートアンサンブルの練習。
4楽章の「泉」を中心とした練習。かなり体力を使う曲とあって、
(特に1st!!)5時のオーケストラの練習が始まる頃にはヘトヘトに。
オケのM崎先生に1楽章を見て頂く約束になっていたのですが、
合奏前だったので、ほんの少し。
でも、前半の少しを見て頂いただけなのに、たくさん指摘されてしまいました。
やっぱり、自分たちだけで練習するより、数倍濃い時間です。

オーケストラでは、来年やる予定のシューベルト7番、ベートーヴェン5番、
それから、第九を順番に。
私が乗るのは、シューベルトの7番。音程がずれるのにビビりすぎて、
歌う事も出来ず・・・・(;_;)音も「ビビり音」。
しかも、案の定音程は最悪で。全体的に低めに取ってしまい、聴いていて
気持ち悪~いシューベルトとなってしまいました・・・。すみません。

ベートヴェン5番は、降り。

第九、難しい。コンクールが終わったら、本腰入れて練習します!!!