上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.21 四日目
今日は、Kさんの案内で小樽へ。
日曜日なのに、8時半という朝早い時間からホテルへ迎えに来て下さり、
私達3人とも恐縮しまくりで・・・。

特に私以外の2人は北海道を殆ど観光していないので、小樽まで行けて
本当に嬉しかったです。
小樽に10前には到着。小樽の運河沿いを歩きながら、写真を撮ったり、
ガラス屋さんに入ったり。オープン前のお寿司屋さんの前を、お昼は
どのお寿司屋さんで食べようか、と思いを馳せながら覗いたり、と小樽の街を散策。
10時半にはガラス吹きの体験を予約していたので、いそいそとガラス工房へ。

自分の作りたいガラスの形や色を選んで、いよいよ制作です。
スタッフの方が付きっきりで丁寧に教えて下さって、おっかなびっくりながらも
焼酎グラスが出来上がりました~。

初めての体験で、凄く楽しい♪高熱で溶けたガラスは、トロトロとした水飴みたいで、
形も自由自在。長~い棒の先に付いた固まりを吹いて膨らませるのですが、どれぐらい
の強さで吹いたらいいのか分からず、「最初は強く、次は優しく」と言われた通り
強く吹いたら、強すぎたらしく、無理矢理口から外されましたf(^ー^;
私達からしたら、優しくpp(ピアニッシモ)でいいみたい。
スタッフの方にされるがままにしていたら、ちゃんと出来上がり♪
出来上がった作品は、1日冷却されて、後日宅配便で届くそうです。
楽しみ~!!

暑~いガラス工房を出た私達は、そのまま斜め前の小樽ビールで、生をゴクゴク
飲み干し(私はKさんに少し手伝ってもらって)、お寿司屋さんへ。
巽寿司って所に入ったのですが、今回の北海道の旅行で一番美味しかったですね。
文句なし、幸せの味。来て良かった~

今回は、急ぐ旅。
本当は、もっとゆっくりいろいろ堪能したかったのだけれど、お寿司屋さんを出て、
バタバタと北一硝子へ。
Kさんによると、北一硝子は硝子屋さんの老舗だそうで。
規模が違った!!!最初に入ったお店が北一硝子かと思いきや、ずっと道の先まで
何件も続いており、ビックリしました。
本当に色々な硝子があるのですね。ヴェネツィアンガラスなんて、芸術です。
本当に買って帰りたかったけど、40万・50万円はくだらない。
いつか、ヴェネツィアのワイングラスでも買えたらいいな~。
短い時間だったけど、素敵なガラスのお土産も買えて、満足満足♪
帰り道、夕張メロンソフトクリームを食べながら小樽運河へ戻り、小樽駅へ。
いよいよ福岡へ帰ります。

時間がなかったので、お世話になったKさんにもよくお礼も言えず別れて
しまいましたが、こんな有意義な時間を過ごせたのもKさんのお陰です。
今回は、デジカメまで貸して頂いて・・・。なんとお礼を言ったらいいのか。

今回の北海道行きには、様々な方の応援・ご協力、をたくさん頂きました。
残念ながら、良い結果を残す事は出来なかったのですが、今回のコンベンション参加で
得たものは何者にも代え難いものです。
これから、それを無駄にしないようにこれからも頑張りたいと思います。
本当に、ありがとうございました!!!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nfield.blog14.fc2.com/tb.php/57-994c35d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。